スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

検証その壱~攻撃技能~

 さて今回の検証は攻撃技能についてです。みなさん技能の紹介文だけみて使うか使わないか決めていませんか?意外に使えるもの・やっぱり使えないものもありますが今回は私が独自に調べて自分なりに使えるかどうかをランク分けしてみました。一応ソロ・PT・対人に分けて評価しています。D(使えない)・C(使いようによっては)・B(使える)・A(主力)って感じでお願いします。
 尚今回の検証にあたって玉山村周辺の徘徊狼lv18・司隷野党lv11に対してlv21刀攻撃力133~139を使用、揚州狼lv21に対してはlv29短槍271~282を使用して行いました。 
 そのダメージ量の変化も掲載していますのでごらんください。


 備考:今回はダメージ覧は平均ダメージを書いてあります。各モンスターに対する通常攻撃の平均ダメージはこちら→徘徊狼(以下俳)140・司隷野党(以下司)150・揚州狼(以下揚)217
検証結果

 強撃壱→俳164・司175・揚243。大体通常+20~25ダメージアップ、再使用時間を加味すれば使えないことはないが以下に記述する強撃弐があれば使う必要はない。
ソロ・PT・対人すべて(C)

 強撃弐→俳180・司190・揚255.大体通常+35~40ダメアップ、強撃壱と同じく再使用が早く使いやすいが消費気力が50→70にあがるのをどうとるかでかわる。通常+35~40は地味に大きい
ソロ・PT・対人全て(B)
 
 流血閃壱・弐・参→流血閃の効果は固定ダメ×6。壱は20×6=120・弐は30×6=180・参は40×6=240のダメージ。増痛撃によるダメージ上昇あり(+20)。120ダメ増加で使えないこともない。
壱→全て(C) 弐→全て(C) 参→ソロ(B)・PT(B)・対人(C)(増痛撃とのコンボでBか)

 集中→命中・適中率アップは単純に強い。もちろん弐が使えるなら弐を使うべき。
壱・弐共に全て(A)

 突進→俳75・司80・揚125。通常平均ダメージの6割程度のダメージ。気絶効果がつくがソロではあんまり意味ないと感じる。最大の長所は長距離高速移動と気絶による詠唱中断。部曲戦においては切り込むためによく使用される。
ソロ(C)・PT(B)・対人(A)。

 火炎撃壱・弐→壱はDotダメ18×5=90、弐は36×5=180のダメージ。Dotダメしか違いがないと思われがちだがしっかりと攻撃の際のダメージも壱は通常平均と一緒だが弐は+25~30程度威力があがっている。とはいっても高レベルのモンスターが相手だとDotダメージも微々たるものと言わざるを得ない。増痛撃によるDotダメージ20増加を確認
壱→ソロ(D)・PT(C)・対人(C) 弐→ソロ(C)・PT(C)・対人(B)

 氷結撃壱・弐→移動速度低下はほとんどの場合において有効。特に弐の低下力は目を見張るものがある。しかし双剣の攻撃範囲上ソロ・PTでは有効ではないだろう。与ダメも火炎撃と同様。部曲戦では逃げ遅れた敵に突進→氷結撃弐で討ちもらしが結構なくなる。
壱→ソロ・PTが(C)、対人(B) 弐→ソロ・PTが(C)、対人(A)

 裂命撃→番外編その壱参照

 なぎ払い→通常平均+30程度の範囲攻撃。主な使い道は部曲戦での血の渇望使っての突進→なぎ払いで範囲に適中ダメージといったところか。
ソロ(D)・PT(C)・対人(A)
 
 鼓舞→攻撃力アップ。ただそれだけ。ソロにおいては120(弐の場合)つかって攻撃力を短時間あげるかその気力で他の技能を使うかで評価がわかれる。自分は後者ですけどね。
ソロ(C)・PT(B)・対人(A)

 連撃→平均+20~25増加ダメ×2。単純に強力。攻撃だけでなく防御と戦術でも使えるところも○。これを技能にいれてない双剣はいないのではなかろうかという技能。もちろん殺傷力も高い。
ソロ・PT・対人全て(A)

 捨て身→攻撃力と攻撃速度上昇の代わりに防御低下。必須技能のひとつだと思います。
ソロ・PT・対人全て(A)

 偽装→攻撃よりは弓・練丹・妖術といった後衛がよく使う技能。もちろん攻撃でもPTで防御がいるときは使えます。
ソロ(D)・PT(B)(後衛ではA)・対人(D)

 鎧通し→通常平均ダメ+40~45程度のダメ。防御力の何割か無視と書いてあったのでレベルが上がるほど与ダメが増えるかと思ったが現状では上記の+で固定されている。再使用の観点から素直に強撃弐を使ったほうがよい。
ソロ・PT・対人全て(C)

 破心撃→通常平均ダメ+20程度のダメに相手の効果取り消し。ソロでは使いにくいか?と思われがちだが剛力などのうざいスキルを消せるのでかなり強い。もちろん戦神とかも消せるのでいれても損はないだろう。
ソロ・PT(B)・対人(A)

 増痛撃→与えるダメージの増加率は約20程度。Dotダメージも20増加が可能なスキル、流血閃や火炎撃はこのスキルにより日の目を浴びることが可能であろう。ソロでは攻撃回数の点から見てあまり有効的ではないがPT戦においてその真価を発揮する。しかし効果時間も20秒とそこそこ長く、ソロにおいても連撃等を使うことにより爆発力を高めることができるので光るものを感じる。
ソロ(B)・PT(A)・対人(A)
 
 粉砕撃→恐らく単体で使う人はそんなにいないだろうが昏倒の状態でつかうと通常平均ダメ+100~110のダメージアップ。剛撃→粉砕撃が主な使い道といえる。しかし再使用も早くそのまま使っても通常平均+20程度のダメが見込めるため単体で使う場面もなくはない。 
単体→ソロ・PT・対人全て(B) 剛撃からの粉砕撃→全て(A)

 剛撃→相手に昏倒+通常平均6割ほどのダメージ。詠唱を中断できる、逃げる相手を止める等幅広い使い勝手を誇る強力スキル。昏倒後に3・7までの攻撃速度なら剛撃→攻撃→粉砕撃が入るのでダメージソースとしても有効。
全て(A)


まとめ 以上の技能を調べてみてのスロット構想(攻撃以外の技能含む)

 ソロ→確定:練気の矢・簡易回復・連撃・剛撃・粉砕撃・捨て身・集中
     好み:強撃・破心撃・増痛撃・鼓舞・裂命撃
 
 PT→確定:連撃・増痛撃・捨て身・集中
    好み:強撃・破心撃・剛撃・粉砕撃・鼓舞・火炎撃・偽装・練気の矢・流血閃

 対人(部曲戦)→確定:疾駆・突進・捨て身・集中・剛撃・氷結撃
           好み:強撃・破心撃・連撃・粉砕撃・鼓舞・練気の矢・増痛撃・なぎ払い・裂命撃
スポンサーサイト

コメント







管理者にだけ公開する

トラックバック

トラックバックURL : http://enkaou.blog96.fc2.com/tb.php/2-807d37d8

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。